筋拘縮における身体の機能不全への対処をするコンディショニング

こんにちは。名古屋市千種区 地下鉄東山公園駅徒歩30秒にある。
コンディショニングによるトレーニング前の準備を大切にしている。
パーソナルトレーニングスタジオwivo conditioningの萩原朋です。

wivo conditioningでは股関節の動きに関わる大腰筋を働かせることに重点を置いています。

パーソナルトレーニングでは大腰筋を働かせるためのコンディショニング(ストレッチやトレーニング)を多く取り入れることで身体の動きを変えるお手伝いをしています。

筋拘縮における身体の機能不全への対処

皆さんはパーソナルトレーニングと言うと、RIZAPをイメージして「ダイエットか」「結構バーベルや、ダンベルなどで鍛えるのか」と思われるかもしれません。

もちろんwivo conditioningはトレーニングができるようにバーベルやダンベル、マシーンを用意しております。

ただ、それでしっかり鍛えるのは本当にダイエットや身体を変えたいと希望する方のみです。

健康のためとか、トレーニングに慣れていない方には約30分から40分ぐらいかけてコンディショニングを行なっていきます。

コンディショニングの中で、少し負荷をかけて動いていただくこともちろんはあります。

wivo conditioningがコンディショニングを特に重要にしているのは

 

wivo conditioningがコンディショニングを重要視しているのはなぜかと言うと。

人の身体は普段の日常生活の中で、少なからず捻れや傾きが起こっています。

これは動きの得意不得意や何かしらのクセがあるからです。

動きの得意不得やクセは、本来体が持っているプログラミングされた動きから外れた動きを作ってしまいます。

運動パターンの変化を作ってしまいます。

運動パターンの変化は自分の身体にアンバランスを作り、使いやすい部分と使いにくい部分の差を大きくしていきます。

その結果筋肉の拘縮や可動域の制限となって現れてきます。

体力があるうちはそれでも大丈夫なのですが、年齢とともに体力が落ちてくると、それが痛みとなったり不調になります。

捻れているところに負荷を大きくかけたら

ではトレーニングをする時、捻れていたり、傾いていたり、動きが出ていないところに負荷を大きくかけたらどうなるでしょうか?

体力があればもちろん問題なくトレーニング効果を受けることができます。

これが体力が落ちてきている方であればどうなるでしょう?

結果は言わなくてもわかりますね。

「体に良いと思ってトレーニングしていたのに、怪我をした」

「健康のために行っていたのに、痛いんだけど…」となるわけです。

だからこそ重要になるコンディショニング

だからこそ重要になってくるのがコンディショニングなのです。

できる限り身体の状態をニュートラルに近づけて、全く0ではないですが左右を5対5の状態する。

そこからトレーニングをしていくことが重要になるんです。

まとめ

wivo conditioningでは最初に姿勢のチェックをしていきます。

これは身体の捻れや傾き、負担がかかっているところを確認しているのです。

そこからどのようにコンディショニングを進めていくかの計画を立てています。

 

コンディショニングの計画を元にトレーニングまでをつなげていきます。

最後に

いかがだったでしょうか?

皆さんには馴染みのないコンディショニング。

トップアスリートは必ずトレーニングや競技前に自分の体をコンディショニングしています。

これは自分の最高のパフォーマンスを発揮するためです。

皆さんも普段の日常が最高の状態というのを作ってみませんか?

追記

ダイエットコース希望の方限定にはなりますが、お申し込み頂いた1名の方にプロテインを1袋プレゼントさせていただきます。

お問い合わせは下記までお願いします。

************************
wivo conditioning studio
お問い合わせ先
mail
st.wivo@gmail.com
TEL
090-1560-7179
〒464-0807
愛知県名古屋市千種区東山通5丁目113番地オークラビル2階
萩原 朋