メニュー
090-1560-7179受付時間 9:30〜21:00
ブログ

シンスプリント

こんにちは。

トレーニングを通して体の機能向上を図っていくパーソナルトレーニングスタジオ

wivo conditioning代表の萩原 朋です。

スポーツ障害についてみていきます。


 

 

ランナーやサッカー選手によく起こるスポーツ障害の1つに、シンスプリントと呼ばれるものがあります。

これは別名、過労性脛骨骨膜炎と呼ばれています。

繰り返しのランニングやジャンプなどが原因で脛骨の内側に痛みや炎症が起こるものです。


 

ひざ下の筋肉は前側に前脛骨筋と呼ばれるものがあります。

裏側のふくらはぎには、ヒラメ筋と腓腹筋と呼ばれるものがあります。

特にヒラメ筋や腓腹筋は体が前に倒れていくのを、足もと裏側から支える役割があります。

そのために非常に強い筋肉になります。

この筋肉に対して前側から支えるのが前脛骨筋です。

その結果普段から大きな負荷が前脛骨筋にかかっています。

女性であれば、ヒールを履くことも多いために前脛骨筋は必要以上にストレッチされた状態になっています。

そこにランニングや繰り返しのジャンプなどの必要以上の負荷がかかる。

その結果がシンスプリントになることが考えられます。


 

ここからが重要です。

必要以上に負荷がかかる状態を緩和できれば、シンスプリントの予防になるということです。

それにはふくらはぎの筋肉である腓腹筋やヒラメ筋のストレッチを入れることと、脛の筋肉を強化することです。

もちろん、トレーニングをする時は炎症などが収まっていることが大切です。

ぜひ試してみてください。


東山公園駅徒歩30秒

愛知県名古屋市千種区東山通5丁目113番地オークラビル2階

〈お問い合わせ〉
メール:st.wivo@gmail.com
tell:090-1560-7179

体型、食事など体に関わる悩み・相談だけでも構いません。

プロフィール

萩原 朋
萩原 朋
名古屋市千種区の東山公園駅徒歩1分にあるパーソナルトレーニングスタジオ『wivo conditioning studio』オーナー兼パーソナルトレーナー
不調や痛みに対して部分からのアプローチだけでなく、根本原因からアプローチして体軸を整えていく事を大切にしています。

アーカイブ

top