肩こり、首こり、猫背の原因である大胸筋を機能解剖学的に見てみた

こんにちは。名古屋市千種区東山通り地下鉄東山公園駅徒歩30秒にあるスタジオ。
コンディショニングによるトレーニング前の準備を大切にしています。
パーソナルトレーニングスタジオwivo conditioningの萩原朋です。

wivo conditioningでは股関節の動きに大きく関わる、大腰筋の働きに重点を置いています。

パーソナルトレーニングでは大腰筋を働かせるためのコンディショニング(筋膜リリースやストレッチ)を多く取り入れる事で、身体の動きを変えるお手伝いをしています。

新年あけまして、おめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

新年明けて心新たに誓いを立てられた方も多いと思います。

「今年こそはダイエットをしよう」「今年こそは健康週間のために運動を」「今年こそは禁煙を」などなど色々とあるかと思います。

そこで少しでも運動、トレーニングを身近に感じてもらえるようにするために、今回は筋の機能解剖学についての記事を書かせていただきます。

トレーナーでも無いのに、そんなの必要ないと思われるかも知れません。

ご自身がトレーニングやストレッチまたはヨガなどをされていたり、これから始めようと考えている。

筋肉の位置や動きなどを理解することによって、痛みの部分がどこの筋肉の問題なのか?

どのような動きをすると痛いのか?

色々なことがわかってきます。

是非とも軽い気持ちで、「ふ〜ん、そうなんだ〜」と何となく読み進めていただければと思います。

今回の筋肉は大胸筋です

大胸筋といえば胸の筋肉です。

男性であれば、最近流行りの韓国俳優やグループのメンバーのように胸板の厚さに憧れると思います。

女性であれば、バストアップにも関わりがある筋肉でもあります。

大胸筋の起始部と停止部

大胸筋の起始部は鎖骨の内側半分、胸骨、第1〜第6肋骨の軟骨です。

そして停止部は上腕骨の大結節稜です。

難しく書いていますが、鎖骨の内側から胸骨そして肋骨あたりから腕の付け根に向けて筋肉が捻れてついています。

この筋肉が働くことで、腕を持ち上げる動き、腕の高さで腕を開いて行く動き、腕を下げる動きをします。

腕を内側に捻る動きも関わります。

続いてみていくのは神経支配

外側胸神経と内側胸神経の支配を受けます。

内胸動脈、胸肩峰動脈、前肋間動脈よって栄養を受けています。

大胸筋の筋肉の繋がり

大胸筋は体の前面で腹筋群と鎖骨、肩付近で三角筋との繋がりがあります。

これは何となくイメージができると思います。

また三角筋と同じように、鎖骨を介して僧帽筋とも繋がりを持っています。

その結果、大胸筋が硬くなると、鎖骨を介して僧帽筋を体の前方に引っ張ってしまいます。

そのため肩こりや首の凝りを誘発することも考えられます。

さらに大胸筋は胸骨に付着しているので、大胸筋が硬くなると、体の中央部へ全体を引っ張ってしみます。

その結果として、肋骨を介して、胸椎の後弯(猫背)をより一段作ってしまう形になります。

という事は

肩こりや首の凝り、猫背などの姿勢不良で悩んでいらっしゃる方は大胸筋をしっかりと緩めてあげると、肩こり、首の凝り、猫背などの緩和につながることが考えられます。

最後に

今回は大胸筋に関して、機能解剖学の面から見てきました。

体の部分的な問題は他の部分に影響を与えていきます。

是非とも体の機能をあげて、より良い状態の体を作ってください。

ご興味のある方は下記までお問い合わせください。

************************
お問い合わせ先
wivo conditioning studio
mail:st.wivo@gmail.com
TEL:090-1560-7179
代表:萩原 朋
〒464-0807
愛知県名古屋市千種区東山通5丁目113番地オークラビル2階
************************

合わせて読みたい記事

猫背姿勢の改善における1番のポイント大胸筋のストレッチ