胸の奥にある小胸筋、五十肩や腕の痺れを機能解剖学的に見てみた

こんにちは。名古屋市千種区東山通り地下鉄東山公園駅徒歩30秒にあるスタジオ。
コンディショニングによるトレーニング前の準備を大切にしています。
パーソナルトレーニングスタジオwivo conditioningの萩原朋です。

wivo conditioningでは股関節の動きに大きく関わる、大腰筋の働きに重点を置いています。

パーソナルトレーニングでは大腰筋を働かせるためのコンディショニング(筋膜リリースやストレッチ)を多く取り入れる事で、身体の動きを変えるお手伝いをしています。

またトレーニングをした事がない方に、スムーズにトレーニングができる為のサポートもしております。

運動、トレーニングを身近に感じてもらえるようにするために、筋の機能解剖学についての記事を書かせていただきます。

運動、トレーニングを身近に感じてもらえるようにするために、筋の機能解剖学についての記事を書かせていただきます。

トレーナーでも無いのに、そんなの必要ないと思われるかも知れません。

ご自身がトレーニングやストレッチまたはヨガなどをされていたり、これから始めようと考えている。

筋肉の位置や動きなどを理解することによって、痛みの部分がどこの筋肉の問題なのか?

どのような動きをすると痛いのか?

「何故そのトレーニングをするのか?」

など色々な事がわかります。

是非とも軽い気持ちで、「ふ〜ん、そうなんだ〜」と何となく読み進めていただければと思います。

今回の筋肉は小胸筋です

小胸筋は「胸」と言う漢字が入っているので胸の筋肉です。

大胸筋と聞くと最近流行りの韓国俳優やグループのメンバーのように、厚い胸板を象徴する筋肉とイメージできるかもしれません。

小胸筋って?

「胸」と言う漢字がはいいているけど何処にある?

どんな働きをするの?となると思います。

小胸筋の働きとは

小胸筋の筋肉の始まりの部分は第3肋骨〜第6肋骨です。

そして停止部は烏口突起です。

大胸筋よりも深い部分にある筋肉です。

肋骨(体幹)と肩(肩甲骨)を結びつけている筋肉です。

働きとしては肩甲骨を前方(体の前面)に引っ張る働きがあります。

小胸筋の下には

小胸筋の下の部分には腕神経叢(神経)が通っています。

小胸筋が硬くなったり、小胸筋を包んでいる鎖骨胸筋筋膜が硬くなってしまうと、鎖骨が引き下げられてしまいます。

その結果、鎖骨の下、小胸筋の下を通っている、神経は圧迫されるために、肩の痛みや腕の痺れにつながっていきます。

続いてみていくのは血管です

肩の部分、小胸筋の下を腋下動脈がつながって上腕動脈に入って行きます。

そうすると神経と同じように動脈も筋肉の拘縮によって圧迫を受けてしまいます。

さらには鎖骨の下の部分にはリンパ節も多くあります。

そのためリンパの流れを制限してしまいます。

リンパは老廃物を流したり、余分な水分を体から吸収したりするものです。

姿勢を変化させる筋肉でもある

大胸筋は大きく強い筋肉なので、硬くなると大きく姿勢に影響を与えます。

それは肋骨を介して、胸椎の硬さにつながって行きます。

詳しくは下記のブログをご覧ください。

肩こり、首こり、猫背の原因である大胸筋を機能解剖学的に見てみた

そして小胸筋は、肋骨(体幹)と方の部分をつなぐ筋肉です。

小胸筋が硬くなってしまうと、特に肩を前方に引っ張ってしまいます。

その結果肩関節が本来ある位置からずれて行きます。

位置がずれてしまうと、その周りにある筋肉や腱、靭帯なのは骨と骨に挟まれる格好になってしまい、肩の痛みの原因になって行きます。

という事は

五十肩や腕の痺れなどに悩んでいる方は小胸筋の拘縮を回復して柔軟性を上げる事が重要になってきます。

ただし、五十肩のようにすでに筋肉や腱、靭帯がすでに傷付いている場合は痛みが取れない場合もあります。(そこはご注意ください)

最後に

今回は小胸筋に関して、機能解剖学の面から見てきました。

胸にある小さい筋肉ですが非常に体に大きな影響を与える筋肉です。

是非とも体の機能をあげて、より良い状態の体を作ってください。

ご興味のある方は下記までお問い合わせください。

************************
お問い合わせ先
wivo conditioning studio
mail:st.wivo@gmail.com
TEL:090-1560-7179
代表:萩原 朋
〒464-0807
愛知県名古屋市千種区東山通5丁目113番地オークラビル2階
************************

合わせて読みたい記事

痛みの根本原因を迫るテンセグリティ構造と張力バランス