見た目に大きく影響を与える骨盤の位置、傾きについて!骨盤の後傾に働く筋肉は(その2)

こんにちは。名古屋市千種区東山通り地下鉄東山公園駅徒歩30秒にあるスタジオ。
コンディショニングによるトレーニング前の準備を大切にしています。
パーソナルトレーニングスタジオwivo conditioningの萩原朋です。

wivo conditioningでは股関節の動きに大きく関わる、大腰筋の働きに重点を置いています。

パーソナルトレーニングでは大腰筋を働かせるためのコンディショニング(筋膜リリースやストレッチ)を多く取り入れる事で、身体の動きを変えるお手伝いをしています。

最近はトレーニングブームもあり、自分の姿勢がどのようになっているか気にされている方が、非常に多いと思います。

特に猫背などはパっと見の印象を大きく変えてしまい、実年齢よりも高く見られてしまいます。

また姿勢の崩れは身体の不調の原因のもなります。

今回は姿勢に大きく関わってくる骨盤の位置について前回のお話の続きです。

特に骨盤の後傾について今回は見ていきます。

骨盤の位置について

骨盤の位置について見ていく前に、まず姿勢について見ていきましょう。

横から人を見た時、耳・肩先・大転子・膝蓋骨の裏・外顆が一直線上にあるのが、バランスの取れた姿勢と言われています。

次に骨盤について見ていきます。

骨盤を横から見た時、骨盤は少し前方に傾斜している状態がバランスが取れている状態です。

骨盤に前側の上前腸骨棘(ASIS)と後ろ側の上後腸骨棘(PSIS)という部分があります。

その差が指2本分〜指3本分ぐらいあるのが通常です。

骨盤は少し前方に傾いている状態がバランスの取れている状態です。

骨盤が後傾すると

特に骨盤が後傾するとお尻が下に垂れ下がったように見えてしまい、見た目が極端に変わります。

骨盤の傾きを決めるものは?

では骨盤の傾きを決めるものはなんでしょうか?

骨格は付着している筋肉によって、位置や傾きが決まってきます。

筋肉が強く硬くなると、付着している骨を引っ張って、骨の位置や傾きを変えていきます。

逆に筋肉が弱く伸びてしまうと、付着している骨を支えることが出来なくなってしまいます。

  

骨盤の傾きを決めるのは、骨盤周りについている色々な筋肉の強さ硬さになるということです。

骨盤の後傾に関わる筋肉

骨盤の後傾に関わる筋肉は、体の後面についている筋肉です。

お尻の筋肉である大臀筋やももの裏側のハムストリングス、ふくらはぎの腓腹筋です。

他にも深層外旋六筋なども関わります。

特に深層外旋六筋はもも裏のハムストリングスが硬くなると、動きの代償をしてしまう部分でもあります。

また骨盤の後ろ側が後方に引っ張るということは、骨盤の前側は引き上げられていきます。

体幹部分の前側になる、腹筋も骨盤を後傾に関わっていきます。

骨盤の位置のバランスを取るためにも、骨盤周りについている筋肉はしっかりとコンディショニングをしておくことが重要です。

最後に

この記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

今回の内容はいかがだったでしょうか?

今回の記事は骨盤の位置、傾きについてを取り上げました。

今回の記事で骨盤についてご興味を持たれた方は、下記にリンク記事を貼り付けてあります。

骨盤の傾きによって起こる身体の不調についても書いています。

よければ合わせてご覧ください。

また身体のことに関して悩みや不安がある方、トレーニングやストレッチ方法などが知りたい方は是非ともご連絡ください。

************************
お問い合わせ先
wivo conditioning studio
mail:st.wivo@gmail.com
TEL:090-1560-7179
代表:萩原 朋
〒464-0807
愛知県名古屋市千種区東山通5丁目113番地オークラビル2階
************************

合わせて読みたい記事

♦脊柱すべり症の原因と痛みを改善するためのストレッチとトレーニング

脊柱すべり症の原因と痛みを改善するためのストレッチとトレーニング

♦猫背姿勢が大きく影響を与える椎間板ヘルニアの改善方法

猫背姿勢が大きく影響を与える椎間板ヘルニアの改善方法