猫背姿勢が大きく影響を与える椎間板ヘルニアの改善方法

こんにちは。名古屋市千種区東山通り地下鉄東山公園駅徒歩30秒にある。
コンディショニングによるトレーニング前の準備を大切にしている。
パーソナルトレーニングスタジオwivo conditioningの萩原朋です。

wivo conditioningでは股関節の動きに関わる大腰筋を働かせることに重点を置いています。

パーソナルトレーニングでは大腰筋を働かせるためのコンディショニング(ストレッチやトレーニング)を多く取り入れるこ事で、身体の動きを変えるお手伝いをしています。

椎間板ヘルニアとは

椎骨の間でクッションのような役割をする椎間板が変性して突出し、近くにある神経を圧迫することでさまざまな症状を引き起こす病気です。

参考資料:Medical Note

https://medicalnote.jp/diseases/椎間板ヘルニア?utm_campaign=椎間板ヘルニア&utm_medium=ydd&utm_source=yahoo

何かしらの原因で椎間板に負荷がかかり、椎間板の組織が神経を触ることで痺れや痛みなどが起こるという事です。

なぜ椎間板に負荷がかかるのか?

立位姿勢

猫背姿勢

背中に負荷がかかっているのが観てわかると思います。

この背中の丸まった状態で、足を一歩前に出す時を考えてみます。

足を前に一歩踏み出す動作は行いにくくなると思います。

行いにくいので、腰を丸めて一歩出す(歩幅を確保)ようにするのではないでしょうか?

背骨に負荷をかけるのは体の裏側の筋肉の問題が大きい

猫背姿勢が歩行に影響を与えてしまいます。

背骨に負荷をかける原因の1つは、股関節がしっかりと曲がらないということです。

股関節が曲がらないのは、ももの裏側の筋肉であるハムストリングスや大臀筋が、硬くなっている可能性があります。

ハムストリングスや大臀筋が硬くて、伸びないために股関節を曲げる動きに制限がかかる。

そうすると体は代償動作(動かないところに変わって、他の部分が補う動きをする事)を行います。

その結果腰を引っ張ってしまい、背骨は丸くなり椎間板に負荷がかかってしまいます。

腰が引っ張られずに、股関節を動かせるようにすれば良い

ハムストリングスや大臀筋が硬くて、伸びないために股関節を曲げる動きに制限がかかる。

そうすると体は代償動作(動かないところに変わって、他の部分が補う動きをする事)を行います。

その結果腰を引っ張ってしまい、背骨は丸くなり椎間板に負荷がかかってしまいます。

逆に言えば、股関節を動かした時に、腰を引っ張られないようにする事ができれば良いのです。

それによって椎間板への負荷は軽減できます。

そうです、ハムストリングスや大臀筋が硬いために、腰を引っ張ってしまいます。

この部分が柔軟性を持てば良いのです。

しっかりとハムストリングスや大臀筋をストレッチしてあげる事が重要です。

ストレッチだけでは足りない

ここからが非常に重要です。

ストレッチをして股関節の柔軟性が上がり、腰を引っ張られないようなったとしてもまだ足りません。

実は一度体に定着してしまった、代償動作は中々と改善していきません。

腰を丸めてしまう癖は、ストレッチだけでは良くならないという事です。

腰を丸めないようにするには、体幹部分の安定が必要です。

体感部分がしっかりと安定した(腰が丸くならない)状態で股関節が動かせるようになる事が重要です。

そのためには体幹トレーニングなどで安定できるようにする事です。

さらに股関節を曲げる筋肉もしっかり働く必要があります。

そのためにはしっかりと下半身の柔軟性を確保する。

股関節を曲げるための筋力と体幹の安定させる筋力の強化が必要です。

トレーニングで言えば、スクワットやデッドリフトなどです。

歩行動作に近い状態で股関節を曲げる筋力や体幹の筋力の強化であれば、ステイショナリーランジなどを取り入れる事をお勧めします。

★椎間板ヘルニアには軽度から重度のものまであります。

★整形外科でしっかりと診断していただき、どのようなトレーニングやストレッチが必要なのかをアドバイスを受ける事が大切です。

最後に

この記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

記事を読んでいただいているということは、もしかしたら何かしらご自身の体のことで悩みを抱えていらっしゃるということだと思います。

悩んでいる今が、ご自身の体で一番若い時です。

体力や筋力は崖を落ちていくように衰えていきます。

是非ともご自身の体に関心を持って、一番若い今この瞬間にトレーニングをされる事をお勧めします。

身体のことに関して悩みや不安がある方、トレーニングやストレッチ方法などが知りたい方は是非ともご連絡ください。

************************
お問い合わせ先
wivo conditioning studio
mail:st.wivo@gmail.com
TEL:090-1560-7179
代表:萩原 朋
〒464-0807
愛知県名古屋市千種区東山通5丁目113番地オークラビル2階
************************

合わせて読みたい記事

♦肩こりの原因スマホ首の改善のためのデッドリフトトレーニング

肩こりの原因スマホ首の改善のためのデッドリフトトレーニング