肩甲骨の動きに関わる筋肉との繋がりが強い前鋸筋の機能解剖学

こんにちは。名古屋市千種区東山通り地下鉄東山公園駅徒歩30秒にあるスタジオ。
コンディショニングによるトレーニング前の準備を大切にしています。
パーソナルトレーニングスタジオwivo conditioningの萩原朋です。

wivo conditioningでは股関節の動きに大きく関わる、大腰筋の働きに重点を置いています。

パーソナルトレーニングでは大腰筋を働かせるためのコンディショニング(筋膜リリースやストレッチ)を多く取り入れる事で、身体の動きを変えるお手伝いをしています。

運動やトレーニングを始めたいと思っている方のサポートをさせていただいています。

少しでも運動、トレーニングを身近に感じてもらえるようにするために、筋肉の機能解剖学についての記事を書かせていただきます。

トレーナーでも無いのに、そんなの必要ないと思われるかも知れません。

ただ、体の事がわかることによって、自分のトレーニングまたはヨガのポーズやピラティスなど動きはどこを鍛えているのか。

「何故このトレーニングを今するのかがわかります」

是非とも軽い気持ちで、「ふ〜ん、そうなんだ〜」と何となく読み進めていただければと思います。

今回の筋肉は前鋸筋です

トレーニングをした事がない方は初めて聞く方も多いのではないでしょうか?

「そんなマイナーな筋肉取り上げる必要あるの?」と思われるかもしれません。

でも実は非常に重要な働きをしている筋肉なんです。

今回は皆さんと一緒に前鋸筋を見ていこうと思います。

ちなみに前鋸筋が何処にあるか?

それはここです。

前鋸筋の付いている部分

第1肋骨~第9肋骨から始まって、肩甲骨と胸郭との間を後上方に走りながら、肩甲骨に停止します。

特に第1肋骨〜第3肋骨からも付いているのは、筋肉の方向として少し特徴があります。

停止部は肩甲骨ですが、肩甲骨の前面に付着をしています。

肩甲骨から肋骨をぐるっと回るように付着しているのが前鋸筋の特徴です。

前回、小胸筋を見たと思いますが、小胸筋は肩甲骨と体幹を結びつけている筋肉でした。

小胸筋については下記の記事を参考にしてください。

胸の奥にある小胸筋、五十肩や腕の痺れを機能解剖学的に見てみた

小胸筋と同じように、肩甲骨と体幹を結び付けている筋肉の1つです。

肩甲骨を前外方に引き、肩甲骨が固定されていると肋骨を引き上げる作用がある。

続いてみていくのは神経支配

脇の真ん中を通っている、長胸神経の神経支配を受けます。

前鋸筋は外側強動脈からの血液や栄養を供給されています。

前鋸筋筋の筋肉の繋がり

前鋸筋は特に筋肉の繋がりで非常に重要な筋肉になってきます。

前鋸筋は筋の繊維の走行が肋骨をグルっと回るように走行しています。

その繊維の走行のつながりで、外腹斜筋との繋がりと内腹斜筋との繋がりがあります。

そして体の後面では前鋸筋と菱形筋という繋がりがあります。

さらに前鋸筋は肩甲骨の前面に付着しているということで、肩甲下筋という筋肉と繋がりがあります。

という事は

前鋸筋が硬くなると肩甲下筋が硬くなります。

逆も然りです。

前鋸筋の働き

肩甲骨を前外方に引き、肩甲骨が固定されていると肋骨を引き上げる作用があります。

「よく水泳選手の肩甲骨が天使の羽のようだ」と取り上げられますが、実は前鋸筋は天使の羽になりすぎないようにする働きがあります。

また小胸筋と前鋸筋がうまく連動すると、腕のしなりを作ることもできます。

最後に

前鋸筋は肩甲骨を固定する働きがあるので、肩甲骨が動かない方はもしかしたら、この前鋸筋が硬くなっている可能性もあります。

肩甲骨が動かないと感じる時、一度前鋸筋を緩めてみるのも1つの方法になります。

是非とも体の機能をあげて、より良い状態の体を作ってください。

ご興味のある方は下記までお問い合わせください。

************************
お問い合わせ先
wivo conditioning studio
mail:st.wivo@gmail.com
TEL:090-1560-7179
代表:萩原 朋
〒464-0807
愛知県名古屋市千種区東山通5丁目113番地オークラビル2階
************************