下半身の大腰筋、腸骨筋にも影響を与える菱形筋について機能解剖学的に見てみた

こんにちは。名古屋市千種区東山通り地下鉄東山公園駅徒歩30秒にあるスタジオ。
コンディショニングによるトレーニング前の準備を大切にしています。
パーソナルトレーニングスタジオwivo conditioningの萩原朋です。

wivo conditioningでは股関節の動きに大きく関わる、大腰筋の働きに重点を置いています。

パーソナルトレーニングでは大腰筋を働かせるためのコンディショニング(筋膜リリースやストレッチ)を多く取り入れる事で、身体の動きを変えるお手伝いをしています。

運動やトレーニングを始めたいと思っている方のサポートをさせていただいています。

少しでも運動、トレーニングを身近に感じてもらえるようにするために、筋肉の機能解剖学についての記事を書かせていただきます。

トレーナーでも無いのに、そんなの必要ないと思われるかも知れません。

ただ、体の事がわかることによって、自分のトレーニングまたはヨガのポーズやピラティスなど動きはどこを鍛えているのか。

「何故このトレーニングを今するのかがわかります」

是非とも軽い気持ちで、「ふ〜ん、そうなんだ〜」と何となく読み進めていただければと思います。

今回の筋肉は菱形筋です

菱形筋は背骨と肩甲骨を繋いでいる非常に重要な筋肉です。

「肩甲骨」はダイエットをされている方も、競技パフォーマンスの向上を目指している方も、一度は聞いたことがると思います。

また姿勢にも大きく影響を与える「肩甲骨」の位置を決める重要な筋肉でもあります。

今回はそんな肩甲骨と関わりの深い重要な菱形筋について見ていきたいと思います。

菱形筋の働きとは

菱形筋は肩甲骨を動かす筋肉ですが、肩甲骨をどのように動かすのでしょうか?

菱形筋の筋肉の始まりは、頚椎の7番から胸椎5番の棘突起から始まって、肩甲骨の内側縁についています。

菱形筋が働くと、肩甲骨を脊柱(背骨)に近づける内転の動きをします。

さらに肩甲骨の下方回旋の動きに関わります。

そして胸椎、肩甲骨周りの安定にすごく関わりがあります。

続いてみていくのは神経支配

肩甲肺神経の支配を受けます。

これは肩甲骨の内側縁の近くを通っている神経です。

そして近くを肩甲背動脈が通っていてそれによって栄養を受けます。

菱形筋の筋肉の繋がり

菱形筋は肩甲骨を介して前鋸筋との繋がりが強くあります。

前鋸筋は肩甲骨の外転の動きに関わる筋肉でした。

また、肩甲骨と体幹を結びつける筋肉でもありました。

参照は下記ブログをご覧ください。

肩甲骨の動きに関わる筋肉との繋がりが強い前鋸筋の機能解剖学

肩甲骨を安定させると

菱形筋の働きには肩甲骨を安定させる働きがあると、先ほど書きました。

菱形筋がしっかりと働いて、肩甲骨を脊柱(背骨)に寄せる事ができると、体は自然と胸が張れる姿勢を取る事ができます。

ここからが重要です

胸椎の伸展が撮れるということは、骨盤の前傾姿勢が取れるということです。

骨盤の前傾には大腰筋や腸骨筋など非常に重要な筋肉が関わってきます。

そしてそれらの重要な筋肉を働かせる事ができるということです。

最後に

今回は菱形筋に関して、機能解剖学の面から見てきました。

体上半身で重要になってくる菱形筋は、実は下半身のも多くの影響を与えています。

特に猫背や巻肩でと悩んでいる方は、胸を貼る事が苦手で菱形筋が働き地ない可能性が高いです。

そして菱形筋が働いていないということは、下半身の大腰筋や腸骨筋も働いていないということです。

是非とも体の機能をあげて、より良い状態の体を作ってください。

ご興味のある方は下記までお問い合わせください。

お問い合わせ先

************************
wivo conditioning studio
mail:st.wivo@gmail.com
TEL:090-1560-7179
代表:萩原 朋
〒464-0807
愛知県名古屋市千種区東山通5丁目113番地オークラビル2階
************************