股関節の機能低下によって起こるO脚とX脚の改善するためのストレッチとトレーニング

こんにちは。名古屋市千種区東山通り地下鉄東山公園駅徒歩30秒にある。
コンディショニングによるトレーニング前の準備を大切にしている。
パーソナルトレーニングスタジオwivo conditioningの萩原朋です。

wivo conditioningでは股関節の動きに関わる大腰筋を働かせることに重点を置いています。

パーソナルトレーニングでは大腰筋を働かせるためのコンディショニング(ストレッチやトレーニング)を多く取り入れるこ事で、身体の動きを変えるお手伝いをしています。

年齢を重ねてくると同しても筋力が衰えてきます。

筋力低下とともに機能低下を起こしていきます。

その筋力低下する体の部分に股関節があります。

股関節は体の中でも上半身を支えて体を安定する役割と、下半身を動かして体を移動させる役割の2つがあります。

このどちらか一方でも機能が失われてしまうと、体に大きな影響を与えてしまいます。

股関節の機能が失われた状態の1つがO脚とX脚です。

今回はO脚とX脚について見ていきます。

O脚やX脚とはどのような状態?

股関節と膝、足部が正常な状態。

典型的なO脚とは膝が内側に向いている状態になっています。

股関節が内側に捻れた状態によって、O脚姿勢が起こります。

逆にX脚とは膝が外側に向いている状態になっています。

股関節が外側に捻れた状態によってX脚が起こります。

もちろんこの状態に他の部分の関節の捩れが組み合わさって、複雑にO脚やX脚が起こっています。

O脚やX脚を改善していく1番最初に取り組むべきところは

それは股関節周りの筋肉です。

O脚の場合は股関節が内側に捻れているので、股関節周りの筋肉で言えば、内側にねじる筋肉の働きが強く、外側に捻る筋肉の働きが弱いということです。

股関節を内側に捻る筋肉は、お尻の横にある中臀筋やももの裏の半腱様筋や半膜様筋です。

*中臀筋

逆に外側に捻る筋肉は働きづらく弱くなっています。

それは筋膜張筋であったり、ももの内側の内転筋、お尻の大臀筋が弱くなっています。

X脚の場合はO脚と反対になります。

中臀筋や半腱様筋、半膜様筋は弱くなって、筋膜張筋や内転筋は強くなっています。

*筋膜張筋

働きが強くなっているところはストレッチ、弱くなっているところはトレーニング

O脚で言えば、お尻の横にある中臀筋やももの裏の半腱様筋や半膜様筋はストレッチが必要です。

逆に筋膜張筋であったり、ももの内側の内転筋、お尻の大臀筋はトレーニングが必要です。

X脚はO脚と反対のことを行います。

ここからが非常に重要

ストレッチをして股関節の捩れを作っていた筋肉の柔軟性高めて、働きが弱くなっている筋肉を鍛えてもまだ足りません。

この状態はO脚やX脚に関わる股関節周りの筋肉のバランスを整えた状態だからです。

股関節は最初にも書きましたが上半身を「支える」事と下半身を「動かす」事の両方の働きが必要です。

特に「支える」働きは加齢とともにどんどん衰えていきます。

そのため上半身を「支える」筋力を作ることが非常に重要になります。

そのためにはしっかりと負荷をかけて下半身を鍛えることが必要です。

トレーニングで言えば、スクワットです。

スクワットはキングオブエクササイズと言われるほど重要なトレーニング種目です。

そして下半身の安定感を作るには非常に効果的なトレーニングです。

最後に

この記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

記事を読んでいただいているということは、もしかしたら何かしらご自身の体のことで悩みを抱えていらっしゃるということだと思います。

悩んでいる今が、ご自身の体で一番若い時です。

体力や筋力は崖を落ちていくように衰えていきます。

是非ともご自身の体に関心を持って、一番若い今この瞬間にトレーニングをされる事をお勧めします。

身体のことに関して悩みや不安がある方、トレーニングやストレッチ方法などが知りたい方は是非ともご連絡ください。

************************
お問い合わせ先
wivo conditioning studio
mail:st.wivo@gmail.com
TEL:090-1560-7179
代表:萩原 朋
〒464-0807
愛知県名古屋市千種区東山通5丁目113番地オークラビル2階
************************

合わせて読みたい記事

♦女性のX脚に悩む方のための簡単にできるもも外側のストレッチ

女性のX脚に悩む方のための簡単にできるもも外側のストレッチ

♦O脚X脚について
https://www.joa.or.jp/public/sick/condition/bowleg_and_genu_valgum.html

参考資料:日本整形外科学会