女性が気になる太ももの外側の張りを改善するストレッチとトレーニング

こんにちは。名古屋市千種区東山通り地下鉄東山公園駅徒歩30秒にある。
コンディショニングによるトレーニング前の準備を大切にしている。
パーソナルトレーニングスタジオwivo conditioningの萩原朋です。

wivo conditioningでは股関節の動きに関わる大腰筋を働かせることに重点を置いています。

パーソナルトレーニングでは大腰筋を働かせるためのコンディショニング(ストレッチやトレーニング)を多く取り入れるこ事で、身体の動きを変えるお手伝いをしています。

「普段特に鍛えているわけではないのに」なぜか足の外側が張ってしまう。
そのように感じる方はいませんか?
これはももの外側にある筋肉の使い方に問題があります。

ももの外側にある筋膜張筋

骨盤の上前腸骨棘から腸経靱帯にかけて走っている筋肉です。

この筋肉は股関節の動きをコントロールして、膝を持ち上げる動き、脚を開く動き、脚を内側に捻る動きをコントロールします。

太く見えるのは体の使い方にある

ではなぜ足が太く見えてしまうのでしょうか?

これは体の使い方と大きく関連があります。

女性は骨盤が横に広く、大腿骨(ももの骨)が角度をつけて下に降りています。

そのためニー・イン・トゥー・アウトと言う体の使い方をすることが多くなってしまうのです。

ニー・イン・トゥー・アウトになると、筋膜張筋を使いやすくなってしまうのです。

骨盤の問題だけではない

筋膜張筋を使いやすくなってしまうのは、骨盤の問題だけではないんです。

これは筋肉の活動の順番と言うものが狂っている可能性があります。

人の体を横側で支える筋肉は「中臀筋」「筋膜張筋」「腰方形筋」と言う筋肉があります。

これらが働いて、体の横側から支えるようになっています。

その支える筋肉の中で「中臀筋」というのは、働きが弱くなりやすい傾向にあります。

その結果中臀筋が働く分を筋膜張筋や腰方形筋が働いて補ってしまうのです。

そのため特に日常生活を送っているだけでも、ももの外側が張っているように見えたり、太くなったりしてしまいます。

チェックして見てくだい

鏡などで自分の足の動かし方をチェックして見てください。

少しわかりにくいですが、下記図のようになっている場合は筋膜彫金が硬い可能性が高いです。

*黒く影になっている状態が本来の足の動きです。

筋膜張筋のストレッチ

まずはストレッチで硬くなった筋膜張筋をストレッチしていきます。

ここからが非常に重要

ストレッチをして股関節の柔軟性が上がったらそれで終わりではありません。

実は一度体に定着してしまった、癖は中々と改善していきません。

ニー・イン・トゥー・アウトにしろ筋の活動の順番にしてもです。

それらを改善していかなければ、また元に戻って言ってしまいます。

元に戻らないようにするためには、中臀筋に力が入り、一緒にお尻に力が入る状態を作ることが必要になってきます。

そのためには下半身(お尻のトレーニング)が非常に重要になってきます。

中臀筋とお尻を一緒に鍛えるためにはワイドスクワットが効果的になります。

また足を前後に開いて行うスティショナリーランジなども非常に効果的です。

足を前後に開いた分、左右に揺れる体のバランスを取るために、中臀筋が非常にしっかりと働いてくれます。

最後に

この記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

記事を読んでいただいているということは、もしかしたら何かしらご自身の体のことで悩みを抱えていらっしゃるということだと思います。

悩んでいる今が、ご自身の体で一番若い時です。

体力や筋力は崖を落ちていくように衰えていきます。

是非ともご自身の体に関心を持って、一番若い今この瞬間にトレーニングをされる事をお勧めします。

身体のことに関して悩みや不安がある方、トレーニングやストレッチ方法などが知りたい方は是非ともご連絡ください。

************************
お問い合わせ先
wivo conditioning studio
mail:st.wivo@gmail.com
TEL:090-1560-7179
代表:萩原 朋
〒464-0807
愛知県名古屋市千種区東山通5丁目113番地オークラビル2階
************************

合わせて読みたい記事

♦垂れたお尻を持ち上げるお尻の外側である中臀筋のストレッチ

垂れたお尻を持ち上げるお尻の外側である中殿筋のストレッチ

]
♦女性のX脚に悩む方のための簡単にできるもも外側のストレッチ

女性のX脚に悩む方のための簡単にできるもも外側のストレッチ