こんにちは。名古屋市千種区東山通り地下鉄東山公園駅徒歩30秒にあるスタジオ。
コンディショニングによるトレーニング前の準備を大切にしている、パーソナルトレーニングスタジオwivo conditioningの萩原朋です。

wivo conditioningはコンディショニングを重視

wivo conditioningでは股関節の動きに大きく関わる、大腰筋の働きに重点を置いています。

パーソナルトレーニングでは大腰筋を働かせるためのコンディショニング(筋膜リリースやストレッチ)を多く取り入れています。

運動やトレーニングを始めたいと思っている方、身体の動きを変えるお手伝いをしています。

機能解剖学の記事を載せるのは

少しでも運動、トレーニングを身近に感じてもらえるように、筋肉の機能解剖学についての記事を書かせていただきます。

トレーナーでも無いのに、そんなの必要ないと思われるかも知れません。

ただ体の事がわかることによって、自分の体が好きになる。

トレーニングまたはヨガのポーズやピラティスなど動きはどこを鍛えているのか。

自分の体は苦手な動きや癖のある動きがなぜ起こるのか?

「何故そうなるの」「どうすれば良いの」がわかるようになります。

是非とも軽い気持ちで、「ふ〜ん、そうなんだ〜」と何となく読み進めていただければと思います。

年齢を重ねると苦手になる片足立、そんな片足の時にバランスを取る中臀筋の機能解剖学

年齢を重ねると、身体がふらついたりしませんか。

歩いている時などに体が左右に揺れていたりする方はいませんか。

片足で立つことができないなど、左右のバランスを取るのが苦手になってきた。

このような体の問題を引き起こしているのはもしかしたら、中臀筋かも知れません。

そこで今回見ていくのは中臀筋の機能解剖学です。

中臀筋の機能解剖学

今回機能解剖学を見ていく筋肉は中臀筋です。

中臀筋は腸骨から始まっています。

停止部は大転子の上側に付着します。

中臀筋は骨盤の外側にある筋肉です。

中臀筋は股関節を外転させる動きに働きます。

*写真は大転子

中臀筋は腸骨に広く付着して大転子に停止している筋肉です。

そのため大転子を中心にすると、中臀筋は前側の部分と後ろ側の部分に分けることができます。

中臀筋は非常に面白い筋肉で、大転子を中心に分けた時、前と後で働きが違ってきます。

前側の部分が働くと、骨盤の前傾や股関節の屈曲に働きます。

さらに股関節の内旋にも働きます。

逆に後ろ側の部分が働くと、骨盤の後傾や股関節を伸展させる働きをします。

さらには股関節を外旋することにも働きます。

中臀筋の神経支配

中臀筋の神経支配は上殿神経の支配を受けます。

この上殿神経は小臀筋や筋膜張筋も支配する神経です。

上殿神経は中臀筋と小臀筋の間を通っている神経です。

そして上殿動脈から栄養と血液の供給を受けます。

上殿神経と同じように中臀筋と小臀筋の間を通っている動脈です。

中臀筋の筋肉の繋がり

中臀筋は腸骨から大転子に付着しています。

中臀筋の一部は腸骨上で大臀筋と重なっている部分があります。

そして中臀筋の下には小臀筋があります。

中臀筋は大臀筋と小臀筋と非常に強い繋がりがあります。

最後に

今回は中臀筋の機能解剖学を見てきました。

中臀筋はお尻の筋肉の1つでもあります。

お尻の筋肉である大臀筋よりも小さい筋肉ですが、非常に重要な役割が多い筋肉です。

中臀筋は大臀筋をお尻の横からサポートする筋肉でもあります。

また骨盤と股関節を横から安定させる筋肉でもあります。

この中臀筋が衰えてくると、体の横の部分の安定がなくなります。

その結果体の左右バランスを撮ることが苦手な状態になっていきます。

是非とも体の機能をあげて、より良い状態の体を作ってください。

ご興味のある方は下記までお問い合わせください。

************************
お問い合わせ先
wivo conditioning studio
mail:st.wivo@gmail.com
TEL:090-1560-7179
代表:萩原 朋
〒464-0807
愛知県名古屋市千種区東山通5丁目113番地オークラビル2階
************************

合わせて読みたい記事

垂れたお尻を持ち上げるお尻の外側である中殿筋のストレッチ