こんにちは。名古屋市千種区東山通り地下鉄東山公園駅徒歩30秒にあるスタジオ。
コンディショニングによるトレーニング前の準備を大切にしている、パーソナルトレーニングスタジオwivo conditioningの萩原朋です。

wivo conditioningはコンディショニングを重視

wivo conditioningでは股関節の動きに大きく関わる、大腰筋の働きに重点を置いています。

パーソナルトレーニングでは大腰筋を働かせるためのコンディショニング(筋膜リリースやストレッチ)を多く取り入れています。

運動やトレーニングを始めたいと思っている方、身体の動きを変えるお手伝いをしています。

機能解剖学の記事を載せるのは

少しでも運動、トレーニングを身近に感じてもらえるように、筋肉の機能解剖学についての記事を書かせていただきます。

トレーナーでも無いのに、そんなの必要ないと思われるかも知れません。

ただ体の事がわかることによって、自分の体が好きになる。

トレーニングまたはヨガのポーズやピラティスなど動きはどこを鍛えているのか。

自分の体は苦手な動きや癖のある動きがなぜ起こるのか?

「何故そうなるの」「どうすれば良いの」がわかるようになります。

是非とも軽い気持ちで、「ふ〜ん、そうなんだ〜」と何となく読み進めていただければと思います。

開脚関わる重要な筋肉である大内転筋の機能解剖学

「体が硬い」「柔軟性がない」という方が柔軟性を上げたい思うときに、よく仰るのが「開脚ができるようになりたい」です。

開脚ができると、柔軟性があるという1つの評価になります。

そんな開脚に関わるももの内側に筋肉である大内転筋。

体のコンディショニングにおいても非常に重要な筋肉の1つになります。

そこで今回見ていくのは大内転筋の機能解剖学です。

大内転筋の機能解剖学

今回機能解剖学を見ていく筋肉は大内転筋です。

内転筋とはももの内側にある筋肉です。

内転筋は他にも長内転筋、短内転筋、恥骨筋などがあります。

大内転筋は恥骨から坐骨にかけてから始まっている筋肉です。

非常に広く筋肉のはじまりの部分があるのが特徴です。

停止部は2つあります。

1つは大腿骨後面の粗線に付着します。

もう1つは大腿骨の内側上窩に付着します。

大内転筋の動作は股関節を内転する動きに関わります。

また股関節を内側に捻る動きである内旋に関わります。

この2つがメインの働きになります。

ただ大内転筋は非常に大きな筋肉です。

大内転筋の起始部も停止部も非常に広い筋肉です。

そのため、股関節を外側に開く外転の動作以外の動作に関わる筋肉になってきます。

大内転筋の神経支配

大内転筋は2つの神経から支配を受けます。

1つ目が閉鎖神経です。もう1つは脛骨神経です。

大内転筋は閉鎖動脈、内側大腿回旋動脈、大腿深動脈から栄養を受けます。

大内転筋の繋がり

大内転筋は非常に大きな筋肉です。

筋肉の停止部に大腿骨の後面があります。

後面にはハムストリングスがあります。

そしてハムストリングスの奥には坐骨神経が通っています。

坐骨神経は大内転筋のすぐ近くもを通っています。

そのためハムストリングスや大内転筋が硬くなると、坐骨神経も拘縮されてしまいます。

また大内転筋は骨盤底との関連も非常に大きい筋肉になります。

最後に

今回は大内転筋の機能解剖学を見てきました。

大内転筋は非常に大きな筋肉です。

特に股関節を外転する動き以外の全ての動きに関わる筋肉でもあります。

是非とも体の機能をあげて、より良い状態の体を作ってください。

ご興味のある方は下記までお問い合わせください。

************************
お問い合わせ先
wivo conditioning studio
mail:st.wivo@gmail.com
TEL:090-1560-7179
代表:萩原 朋
〒464-0807
愛知県名古屋市千種区東山通5丁目113番地オークラビル2階
************************

合わせて読みたい記事

股関節の機能低下によって起こるO脚とX脚の改善するためのストレッチとトレーニング