こんにちは。
名古屋市千種区東山通り地下鉄東山公園駅徒歩30秒にあるスタジオ。
コンディショニングによるトレーニング前の準備を大切にしている、パーソナルトレーニングスタジオwivo conditioningの萩原朋です。

wivo conditioningはコンディショニングを重視

wivo conditioningでは股関節の動きに大きく関わる、大腰筋の働きに重点を置いています。

パーソナルトレーニングでは大腰筋を働かせるためのコンディショニング(筋膜リリースやストレッチ)を多く取り入れています。

運動やトレーニングを始めたいと思っている方、身体の動きを変えるお手伝いをしています。

動画を載せるのは

動画による情報は文字や画像の情報の何倍も多くのことを伝えることができます。

またパーソナルトレーニングでは、どの様なことを行うのか。

イメージできない部分を明確にすることができます。

トレーニングと言うと、ムキムキの人が重いダンベルやバーベルを抱えているイメージがまだあります。

そのイメージを変えて、ちょっとしたポイントとアプローチ方法の変化によって簡単な運動も劇的に効果的なトレーニングになっていきます。

その結果「これくらいの運動ならできそう」と思ってもらい、少しでも運動、トレーニングを身近に感じてもらえたらと思っています。

肩甲骨を動かす筋肉を鍛えるベントオーバーローイングトレーニング




今回ご紹介のトレーニングはベントオーバーローイングです。

wivo conditioningでは股関節の動作を重要視しています。

それと同じくらい背中の筋肉の働きに関しても重要視をしています。

それは背中の筋肉は重力に抵抗して、身体をまっすぐに支える重要な部分でもあるからです。

そして今回ご紹介のベントオーバーローイングは背中の広背筋を鍛えると同時に、肩甲骨を動かす筋肉も一緒に鍛えることが出来ます。

またフォームを取るのが難しいですが、上半身を床と水平に保つため、背骨をまっすぐに保つ筋肉も鍛えることが出来ます。

上半身と床を水平に保つためには、下半身の筋肉もしっかりとしていなければいけません。

もちろん骨盤がしっかりと前傾をキープする事も求めれれます。

複合的に色々と体の機能を向上してくれる非常に優れたトレーニングです。

最後に背中の筋肉群を鍛えるには、頭の上から引く、水平方向に引く、地面など下から引くの3つの方法があります。

ラットプルは上から引くトレーニング。

ベントオーバーローイングは下から引くトレーニングです。

背中の筋肉群を多方面から鍛えてみてください。

頭の上から引く背中のトレーニングであるラットプルダウン




wivo conditioningでは機能解剖学に基づいてコンディショニングやトレーニングを入れていきます。

そしてコンディショニングやトレーニングに抵抗負荷をかけたり、動きの誘導をしたりサポートをしていきます。

またwivo conditioningではストレッチなども時間をかけて行います。

それはフォームが取れないから、トレーニングを諦めてしまうのではなく、フォームを取れるような身体にしていくことを行っていきます。

「バーベルやダンベルを扱うのはチョット抵抗があるけど…」

「筋膜へのアプローチと組み合わせたトレーニングは気になる…」

「運動や身体を動かさないといけない…」と思っている方や興味のある方はお問い合わせください。

合わせて読みたい記事

スポーツパフォーマンスに大きな影響がある広背筋を機能解剖学的に見てみた

最後に

骨盤帯の上に乗っている背骨のバランスを整えるイベントを開催します。

概要は下記に載せてあります。

合わせてご覧ください。

************************
お問い合わせ先
wivo conditioning studio
mail:st.wivo@gmail.com
TEL:090-1560-7179
代表:萩原 朋
〒464-0807
愛知県名古屋市千種区東山通5丁目113番地オークラビル2階
************************

イベント開催のお知らせ

イベント開催のお知らせ!6月12日 背骨を整える姿勢改善教室